新興宗教:佼成会と庭野日敬でキーワード「 立正佼成会 」が指定されているページ

ご宝前

立正佼成会ではご宝前に、ご本尊、ご法号、総戒名、宅地因縁戒名そして過去帳を勧請したり祀ったりします。 ご本尊は、「久遠実成大恩教主釈迦牟尼世尊(くおんじつじょうだいおんきょうしゅしゃかむにせそん)」(久遠本仏)を勧請します。この本尊像は、この世に出現し、真理を説いた釈尊の姿と、法華経に説かれている久遠の本仏を一体化し、目に見える形に表したものです。 本尊像の上部には多宝塔があり、塔の中には真理の象徴である多宝如来が安置されています。 本尊の光背には上行、無辺行、浄行、安立行の四大菩薩が左右に配されています。四大菩薩は大地から湧き出した無数の菩薩たちのリーダーとして、法華経の従地涌出品に登場します。法華経の広宣流布に活躍する菩薩なのです。 ご本尊を勧請して、立正佼成会会員は仏教徒としての信仰の目的を確認します。   ご法号を勧請するということは、開祖さまと脇祖さまが70年前に立正佼成会を創立したからこそ今日があり、その二人を師匠とすることを明確にします。   総戒名は、諦生院法道慈善施〇〇家徳起菩提心となり、立正佼成会に入会すると、まずその家庭に「総戒名」が祀られます。(2008年からご本尊とご法号も勧請されます) 諦生院法道(正しい生き方は、その場所で法に沿った道を歩み)、慈善施〇〇家(慈悲と善い事励み、その功徳を先祖に施し)、徳起菩提心(その徳が菩提心を起こしめる)ということを言ってます。 総戒名はその家庭のすべてのご先祖さまをお祀りする戒名であるとともに、仏さまの教えにのっとった信仰の規範、修行目標が示されています。   宅地因縁戒名は諸精霊への供養と、自分達が住まわせていただいていることへの感謝を表します。   過去帳は、日毎に命日になる亡くなった人の戒名が書いてあります。朝夕のご供養の際には、お経の最後にある結回向唱にある、「今日命日にあたる精霊」という後にその戒名を2回あげます。  ...

僧帰依-三宝帰依

最後に三宝帰依では僧に帰依します。    自ら僧に帰依したてまつる。   まさに願わくは衆生とともに、    大衆を統理して、一切無碍ならん。 僧とは和合で、信仰者の結合体をいいます。 お釈迦様が、ある弟子から尋ねられました。   僧に帰依するのは、信仰の中で半分くらいを占めるくらい大事なのでは それに対して、お釈迦様のお答えは。   僧に帰依するのは、信仰のすべてだ 私達は一人では、時に怠けたり、忘れたり、間違ったりとなかなか信仰もうまくいきません。 それが、僧=仲間がいれば、励まし合い、助け合い、教え合っていきますから、自分ひとりでは乗り切れないことも乗り切れます。 ですから、僧を心の依りどころにするのが大切なのです。   大衆を統理して、一切無碍ならんとは、統理すると言っても、その前に衆生とともにとありますから、上に立つ指導者のことをいっているのではありません。 衆生とともに、つまり皆で一緒に、一切無碍(じゃまものに妨げられない)で、この無上道を歩んでいこうというのです。  ...

法帰依-三宝帰依

次に三宝帰依は法(仏様の教え)に帰依することを表白します。    自ら法に帰依したてまつる。    まさに願わくは衆生とともに、    深く経蔵に入りて、智慧海のごとくならく。   仏様に帰依するというのは、魂で悟るという個人的なものですが、法に帰依するというのは、普遍的な仏教を理解して悟るのです。 仏教というのは、99%は理屈でわかる教えですから、それで相手に説けますし、また自分が生活を仏様の教えた真理に従えます。 人生には、時には都合の悪いことが起こったり、困ったりしたことが起こります。 その時でも、法に帰依していれば、一時は真理のとおりに行かないと思えても、やがて真理のとおりに世の中が動くと信じていられるのです。   深く経蔵に入りて、智慧海のごとくならくとは、字義だけを見ると深い広い海のような智慧を得るというのですが、そう固くとる必要はありません。 一番根本の真理をつかめば、その場合にどうするのが正しいかは、自然にわかってくるのです。 ですから、その根本の真理を努力してつかむ決意を表白しているのです。 ちなみに、根本の真理とは、根本仏教では縁起観、法華経では諸法実相をつかむのが、まず考えられます。...

仏帰依-三宝帰依

三宝帰依の最初は仏様に帰依することを表白します。    自ら仏に帰依したてまつる。    まさに願わくは衆生とともに、    大道を体解して、無上意を発さん。 仏様に帰依する、すなわち全身全霊をあげて信頼しすべてをお任せしますが、それだけでなく、無上意を起こすのです。 「無上意を発さん」は、無上の仏様の悟りを、自分も得たいという気持ちを強く持ちますと言っているのです。 この悟りを得たいという心を発菩提心をいいます。   それには「大道を体解して」して仏様の悟りを得ます。 大道を体解してというのは、大道というのは宇宙の真理・永遠の生命を、体解する、すなわち「りくつでなく、魂でわかる」ということです。 宇宙の真理・永遠の生命は、理屈で説明しても、ある程度はわかりますが、最後は魂が納得して、悟るものなのです。   発菩提心が、菩薩として最初に必要なもので、ここから信仰が始まるともいえます。...

三宝帰依

三宝帰依は、ほとんどの仏教団体では唱えますが、立正佼成会でもご供養の最初に読みます。    自ら仏に帰依したてまつる。   まさに願わくは衆生とともに、    大道を体解して、無上意を発さん。         自ら法に帰依したてまつる。   まさに願わくは衆生とともに、    深く経蔵に入りて、智慧海のごとくならく。       自ら僧に帰依したてまつる。   まさに願わくは衆生とともに、    大衆を統理して、一切無碍ならん。 仏は仏様、法とは教え、僧とは教えを行ずる人達のことでそれに帰依するのを表白します。 帰依とは、帰命と言い、全身全霊をあげて信頼し、心の依り所にし、すべてをお任せをすることです。   ですから、純粋な信仰の心を持って、これからご供養をしますというわけです。   「まさに願わくは衆生とともに、」が3つともついています。 これは、常に信仰者は、自分だけが救われるのを考えるのではなく皆が救われることを考えるためにあります。    ...

葬式

創価学会では、葬儀は友人葬あるいは学会葬と呼ばれます。 創価学会は、何かと悪く言う人も誉める人も大勢いて、かなり実態がわからないことがあります。 実際に創価学会の人の葬儀に参加すればわかるのでしょうが、経験がないので、ネットで調べました。 悪いという人   仏教の葬儀をします。戒名はありません。位牌もありません。  葬儀は知らないおばちゃんまで押し寄せお経を上げていきます。  そしてたっぷり飲み食いしていきます。 良いという人   広宣流布するため尽力した、同志が葬儀の導師を勤めます。  謝礼は一切いりません。つまり、無料です。  飲み食いなど接待はしなくていいという指導があります。 ねっ、どちらが本当か迷いますね。 友人葬というサイトを見ると、かなり客観的なことが書いてあります。   立正佼成会は、結婚式と同様に葬式も心配することはありません。 葬儀を佼成会葬を行うこともありますが、住んでる地域のお寺で行う事が普通です 立正佼成会は、既存の仏教と並存しますので、どちらでやってもこだわりません。 例えば、1周忌をお寺で親戚を集めてやって、それから佼成会の人が集まってもう一回やるなんてこともあります。...

結婚式

結婚式は創価学会や立正佼成会はどうなるのでしょうか? 結婚式は一生に一度のことだからと披露宴はお金をかけてすることもありますね。 その前の結婚式は、「チャペルでバージンロードを歩いて賛美歌を歌ってというのが夢で」という人も多いと思います。   詳しくは知りませんが、創価学会は友人式とか人前式にこだわるようです。 創価学会の結婚式によると、 <式次第> ①新郎新婦入場②方便品、寿量品の読受③親族固めの杯④三々九度⑤指輪交換⑥祝いの言葉おおむね、以上である。所要時間はほぼ30分。 ですから、お経をあげるところが仏教らしいですが、それほど特別なことはないですがチャペルでの教会挙式は無理で、人前式にこだわるようです。 幸い、創価学会も披露宴は自由です。そちらは、目一杯自分が納得行くようにするといいでしょう。   立正佼成会の場合は、結婚式を仏前式というのが特に規定はないようです。 ですから、キリスト式でも神前式でもかまいません。 もちろん、披露宴は自由です。...

水子供養

水子は、流産をしてできる場合もありますし、人工妊娠中絶でできる場合もあります。 どちらにしても、母親としてはその子が気になるでしょう。それが自然です。 水子ができたら、水子供養をするのはとてもよいことです。   先祖供養をするように亡くなった人を立正佼成会では供養します。 これは、亡くなった人の霊を慰めるというより、自分が現世で徳を積むことを誓い、それを回向して霊が成仏するのを助けようとするのです。 水子も、水子の祟りを気にするよりも、一人の亡くなった人として、供養をしてあげましょう。 朝夕のご供養も、毎月1回は命日になりますから、その日には戒名をあげます。   それとは別に、水子供養を教会や支部でやる時があります。 その時は、戒名を書いて提出し、供養に参加して大勢でたくさんのお経をあげてあげましょう。   自分の家で水子供養をしたいと思うのならば、支部の主任さんか組長さんに相談してみてください。 費用は、お戒名を頂くときとご供養するときに、お布施としてだすことになります。金額は、数千円程度でよいと思います あとは、ご供養の準備です。 ご法前をきれいに掃除をして、水子ちゃんが喜んでくれそうな料理を考えてあげてください。  ...

手取り

手取りとは主に会員を対象にした布教活動です。 会員の顔を見て、仕事はどうか、夫婦はうまくいっているか、子供は問題はないか、など悩みがあれば聞かせていただきます。 悩みにアドバイスを与えることもありますが、できれば法座に誘って来てもらうようにします。法座が佼成会で一番悩みを解決する場所です。   もし、問題に取り組んでいる会員だったら、それが解決に向かっているか、難しくなっているかを聞いてあげます。 一緒に取り組むのがよければそうしますし、励ましを与えるのも、認めるのも、相手が悩みを解決する助けになります。   大きな問題や悩みがなくても手取りはします。自分が法座や説法などで聞いた話や、自分が体験したことなどを話したりします。 それで、ひとつでも、相手が生活に役に立つ、心構えやアイデアや具体的行動を学んでもらえば手取りをした甲斐があります。   もちろん、今月の予定を話したり、パンフレットを渡したりもします。   最近は住む所が離れていて、千葉県にいて、手取りをする人が神奈川県にいるような場合もあります。 ですから、電話で手取りをするということもします。 ただなかなか、信仰の話をするのができなくて、連絡事項を伝えるのが主になってしまいがちです。     時には、手紙を出して、手取りをするということもあります。 特に遠い地にいる会員に、近況を伝えるとともに四季におりおり体験をおりまぜて、自分の学んだことなども書いたりします。  ...

破門

破門とは、宗教団体から自分から脱会をするのではなく、宗教団体から追放されることを言います。 立正佼成会は破門をされたことがあるのでしょうか? あります。 庭野日敬の自伝の「無限への旅」のなかで、2回書いてあります。 ただし、立正佼成会ではなく、それができる前の彼のことです。 1回目は、天狗不動で師範代になったが、その後身を引いて、破門にしたと言われます。 2回目は、霊友会で新井先生から法華経の素晴らしさを教えられて、命をかけるつもりでやっていたが、小谷会長が法華経をそっちのけにするという発言で、脱会を決めた。 それで立正佼成会ができたわけであるが、これを霊友会の方では破門と言ったようです。   では、立正佼成会が破門をしたことがあるでしょうか? 知る限りは、それはありません。   ただ、連判状事件と言っている、会員のかなりの多くの人が、庭野会長に反発したことがあるそうです。 また、逆に警察が会長を呼び出して取り調べをする事件もあり、ほとんどの支部長が辞めてしまったこともありました。 でも、庭野日敬はのん気で、辞めたいものは辞めていいですよと引き止めはせず、後にほとんど復帰した時は、喜んで迎えたのです。   あくまで、破門というのは、誰でも救うという立正佼成会の教えに反すると思いますからないのですね。  ...

脱会

立正佼成会に導かれて、幸せになって欲しいと思っていても、中には立正佼成会を辞めたいという人もいます。 立正佼成会に会費(月100円)も払わず、機関紙をもらわず、誘いにもでなければ、実質的には立正佼成会とは関わりがなくなるわけです。 しかし、ちゃんと辞めたいと思うのならば、それを伝えればいいのです。 伝える人としては、導きの親かあるいは組長か主任に言えばよいです。   もちろん、「はい、わかりました」では、ちょっと情けないですね。   何故辞めたいのか、を聞いてくるでしょう。 でも、辞める決心が変わらないのであれば、   「残念です」  「また、気が変わったら、いつでも迎えますよ」 などを言いますが、辞めるのは難しいことではありません。 立正佼成会の脱会方法については、こちらのYahoo知恵袋を見れば書いてあるとおりです。   ただ、時々はまた来て、話を聞いたり、したりすることはあります。 それは、あなたを気にかけて、様子を見に来てくれるのですから、毛嫌いする必要はないと思います。   あまり詳しく知らないのですが、創価学会は一度入会する(入信する)と、脱会するのがかなり大変だと聞いています。 「創価学会 脱会」でYahooやGoogleで検索すればわかりますが、創価学会の脱会方法なんてサイトがあるくらいです。 読むと、なるほどと思うよりも、そんなに凄いのだと恐れをいだく人が多いと思います。 もちろん、創価学会の立場の話も聞いてみないとわからないけれど、  ...

根本仏教

根本仏教は、三宝帰依、縁起観、四諦、六波羅蜜、八正道、十二因縁などの法門でなりたちます。 根本仏教は、初期仏教・原始仏教とも言われて、釈尊が生きていた時代を含み、釈尊の死後およそ100年から200年間までの間の仏教をいいます。 この後釈尊の死後100年の頃、それまで一つであった弟子たちの集団が、大衆部と上座部の二つ教団に分裂したのを根本分裂といいます。 そして、部派仏教に分かれて大乗仏教と小乗仏教と互いが相手を責めて、激しい争いをするようになってしまいました。   このときに、両派の自説にこだわった視野を開かせ、仏道の大道に目を向けさせたのが、妙法蓮華経(法華経)だったのです。   では根本仏教と法華経は、別なものなのでしょうか? いいえ、どちらもお釈迦様の説いた教えであり、どちらかだけを正しいと言うのはおかしいことです。 ですから、立正佼成会では根本仏教と法華経を同時に学びます。  ...

導き

導きとは、新しい人を入会させることです。 創価学会で言えば折伏です。  仏教用語で言えば、導きは摂受(しょうじゅ)です。 悪人を折伏し善人を摂受することでわかるように、折伏は相手の間違った思想に迎合することなく、正しいものは正しいと言い切るという強さを持っています。 かって折伏の激しさに加え「言論出版妨害事件」なども相まって、創価学会に対するアレルギーや警戒感を現在でも絶えず持っている。 これに対して、摂受は心を寛大にして相手やその間違いを即座に否定せず反発せず受け入れ、穏やかに説得することをいいます。 ですから、立正佼成会の導きは、折伏とは違って、相手を責めたり、論破したりということはしません。 相手の立場に立って物を理解して、相手の仏性を発見することで、相手も自分の仏性に気づくことをもとにしています。   導きとは、折伏より弱いように思われる人が多いですが、導きは本当は相手を諦めたり、見捨てたすることはなく、何度でも相手が気づくまで、しつこいくらい粘るのです。 ですから、本当に導かせて頂きたいと願いを持っていれば、何があっても負けないのです。 20番常不軽菩薩品の常不軽菩薩のように、笑われても、時には石や杖をもって追いかけられても、    「あなたは、仏になります」 と拝んで、拝んで人を教化したような人を立正佼成会では目指します。  ...

基本の朝晩のご供養

立正佼成会のでは朝晩のご供養をするのが基本です。ご供養は、先祖供養とも言われ、できればご宝前でやります。 ご宝前の前で、おたすきをかけて、経典を読んでご供養をします。 おたすきは、衣装を整えて気持ちも整えます。経典は、仏様の教えを教えてくれます。 朝には、先祖の前に一日を迎えられた感謝の心と、今日も自分の与えられた家や会社や社会での役目を精一杯果たさせてもらうことを誓います。 それには、自分の足りなさを自覚して、少しでもそれを改善することを、お経をあげて心に刻みます。   夕方から夜には、一日を充分に当たられた能力を発揮して使命をまっとうしたかどうかを反省しながら、先祖でお経をあげます。   なかなか、1年で365日を朝夕で2回のご供養をするのができないのが人間です。 朝、寝坊をして、お題目を唱えるだけで済ましたり、夜は遅く帰って、そのまますぐ寝てしまったりしますね。 それで、誰かが叱るわけではありません。   でも、仏様は見ているといいますね。   それは、自分が知っているし、さぼったことは、それなりの結果を招くのです。 別に、仏様は罰を与えるわけではありません。   ただ、自分ができなかったことが、それなりの結果とは 腹を立てまいと思っていたのが、つい腹が立ってしまったり 人に親切にするつもりだったのが、つい親切をしないでいたり そういう結果を、自分で招いた結果を、自分で受けるしかないのです。   ですから、朝夕のご供養をすることは、立正佼成会の会員の基本なのです。  ...

ご宝前

ご宝前は、仏前と同じように考えていいです。 真ん中にご本尊をかかげ、左には総戒名と宅地因縁、右には開祖日敬一乗大師と脇祖妙佼慈道菩 薩のご法号を並べます。 下には、過去帳をたてます。 その下、正面には、左からご飯・水・お茶を並べます。 手前の引き戸には、左に花を活け、真ん中には線香を、その両脇にはろうそくを立てます。 ご命日などには、両方にお供物を並べます。 総戒名が立正佼成会会員の生き方を表し、ご本尊が帰依する対象です。 供物として花とご飯・水・お茶を奉り、おたすき(袈裟のかわり)をかけて、数珠を持って経典(妙法蓮華経の抜粋)1巻を、朝夕に先祖を供養するのにあげます。...

購読

フィードリーダーを利用して検索結果を購読し、 今後作成されるページでキーワード「立正佼成会」が指定されているものにアクセスできます。 [フィードとは]

フィードを取得 フィードを取得