新興宗教:佼成会と庭野日敬でキーワード「 創価学会 」が指定されているページ

葬式

創価学会では、葬儀は友人葬あるいは学会葬と呼ばれます。 創価学会は、何かと悪く言う人も誉める人も大勢いて、かなり実態がわからないことがあります。 実際に創価学会の人の葬儀に参加すればわかるのでしょうが、経験がないので、ネットで調べました。 悪いという人   仏教の葬儀をします。戒名はありません。位牌もありません。  葬儀は知らないおばちゃんまで押し寄せお経を上げていきます。  そしてたっぷり飲み食いしていきます。 良いという人   広宣流布するため尽力した、同志が葬儀の導師を勤めます。  謝礼は一切いりません。つまり、無料です。  飲み食いなど接待はしなくていいという指導があります。 ねっ、どちらが本当か迷いますね。 友人葬というサイトを見ると、かなり客観的なことが書いてあります。   立正佼成会は、結婚式と同様に葬式も心配することはありません。 葬儀を佼成会葬を行うこともありますが、住んでる地域のお寺で行う事が普通です 立正佼成会は、既存の仏教と並存しますので、どちらでやってもこだわりません。 例えば、1周忌をお寺で親戚を集めてやって、それから佼成会の人が集まってもう一回やるなんてこともあります。...

結婚式

結婚式は創価学会や立正佼成会はどうなるのでしょうか? 結婚式は一生に一度のことだからと披露宴はお金をかけてすることもありますね。 その前の結婚式は、「チャペルでバージンロードを歩いて賛美歌を歌ってというのが夢で」という人も多いと思います。   詳しくは知りませんが、創価学会は友人式とか人前式にこだわるようです。 創価学会の結婚式によると、 <式次第> ①新郎新婦入場②方便品、寿量品の読受③親族固めの杯④三々九度⑤指輪交換⑥祝いの言葉おおむね、以上である。所要時間はほぼ30分。 ですから、お経をあげるところが仏教らしいですが、それほど特別なことはないですがチャペルでの教会挙式は無理で、人前式にこだわるようです。 幸い、創価学会も披露宴は自由です。そちらは、目一杯自分が納得行くようにするといいでしょう。   立正佼成会の場合は、結婚式を仏前式というのが特に規定はないようです。 ですから、キリスト式でも神前式でもかまいません。 もちろん、披露宴は自由です。...

破門と除名

創価学会の破門と除名ということを話しておきます。 創価学会は立正佼成会と違うところは、もともと日蓮正宗の信徒団体とした存在していたのです。 それが昭和26年に宗教法人となり、その後昭和52年に謗法行為が厳しくとがめられ、昭和53年にお詫びをしました。 ところが平成3年には、結局日蓮正宗から創価学会は破門されました。   逆に、創価学会が信者を破門することもあります。 山崎正友弁護士は、創価学会副理事長まで歴任した人ですが、Wikipediaによれば、宮本顕治宅盗聴事件や、創価学会と対立する敵対団体の瓦解工作などを計画・主導しました。 後に、山崎が経営する会社が経営危機に陥った際、創価学会を恐喝したり、手形詐欺を行ないました。 結局、裁判で負けたりして、創価学会からは除名されることになりました。   他にも、公明党を除名された福本潤一参院議員や原島嵩氏(元創価学会教学部長)にサイトなどを見ると参考になります。   私の考えは、自分と対立する相手を敵として打ち破るのが創価学会の姿勢であり、相手もみな平等で調和をするのが仏様のあり方だと考えるのが立正佼成会です。 創価学会と立正佼成会が、戦後の2大新宗教です。  ...

脱会

立正佼成会に導かれて、幸せになって欲しいと思っていても、中には立正佼成会を辞めたいという人もいます。 立正佼成会に会費(月100円)も払わず、機関紙をもらわず、誘いにもでなければ、実質的には立正佼成会とは関わりがなくなるわけです。 しかし、ちゃんと辞めたいと思うのならば、それを伝えればいいのです。 伝える人としては、導きの親かあるいは組長か主任に言えばよいです。   もちろん、「はい、わかりました」では、ちょっと情けないですね。   何故辞めたいのか、を聞いてくるでしょう。 でも、辞める決心が変わらないのであれば、   「残念です」  「また、気が変わったら、いつでも迎えますよ」 などを言いますが、辞めるのは難しいことではありません。 立正佼成会の脱会方法については、こちらのYahoo知恵袋を見れば書いてあるとおりです。   ただ、時々はまた来て、話を聞いたり、したりすることはあります。 それは、あなたを気にかけて、様子を見に来てくれるのですから、毛嫌いする必要はないと思います。   あまり詳しく知らないのですが、創価学会は一度入会する(入信する)と、脱会するのがかなり大変だと聞いています。 「創価学会 脱会」でYahooやGoogleで検索すればわかりますが、創価学会の脱会方法なんてサイトがあるくらいです。 読むと、なるほどと思うよりも、そんなに凄いのだと恐れをいだく人が多いと思います。 もちろん、創価学会の立場の話も聞いてみないとわからないけれど、  ...

購読

フィードリーダーを利用して検索結果を購読し、 今後作成されるページでキーワード「創価学会」が指定されているものにアクセスできます。 [フィードとは]

フィードを取得 フィードを取得