新興宗教:佼成会と庭野日敬でキーワード「 ご法号 」が指定されているページ

ご宝前

立正佼成会ではご宝前に、ご本尊、ご法号、総戒名、宅地因縁戒名そして過去帳を勧請したり祀ったりします。 ご本尊は、「久遠実成大恩教主釈迦牟尼世尊(くおんじつじょうだいおんきょうしゅしゃかむにせそん)」(久遠本仏)を勧請します。この本尊像は、この世に出現し、真理を説いた釈尊の姿と、法華経に説かれている久遠の本仏を一体化し、目に見える形に表したものです。 本尊像の上部には多宝塔があり、塔の中には真理の象徴である多宝如来が安置されています。 本尊の光背には上行、無辺行、浄行、安立行の四大菩薩が左右に配されています。四大菩薩は大地から湧き出した無数の菩薩たちのリーダーとして、法華経の従地涌出品に登場します。法華経の広宣流布に活躍する菩薩なのです。 ご本尊を勧請して、立正佼成会会員は仏教徒としての信仰の目的を確認します。   ご法号を勧請するということは、開祖さまと脇祖さまが70年前に立正佼成会を創立したからこそ今日があり、その二人を師匠とすることを明確にします。   総戒名は、諦生院法道慈善施〇〇家徳起菩提心となり、立正佼成会に入会すると、まずその家庭に「総戒名」が祀られます。(2008年からご本尊とご法号も勧請されます) 諦生院法道(正しい生き方は、その場所で法に沿った道を歩み)、慈善施〇〇家(慈悲と善い事励み、その功徳を先祖に施し)、徳起菩提心(その徳が菩提心を起こしめる)ということを言ってます。 総戒名はその家庭のすべてのご先祖さまをお祀りする戒名であるとともに、仏さまの教えにのっとった信仰の規範、修行目標が示されています。   宅地因縁戒名は諸精霊への供養と、自分達が住まわせていただいていることへの感謝を表します。   過去帳は、日毎に命日になる亡くなった人の戒名が書いてあります。朝夕のご供養の際には、お経の最後にある結回向唱にある、「今日命日にあたる精霊」という後にその戒名を2回あげます。  ...

ご本尊およびご法号勧請

立正佼成会では2008年3月5日を期して、全会員へのご本尊およびご法号勧請がされています。 これまでご本尊は、ある程度信仰をしてから、始めて勧請してもらえたのですが、それが全会員に勧請するというのは、どうしたのでしょうか? それは、本来、開祖さまが「いずれは全会員にご本尊を勧請」という願いがあったのです。 しかし、物事を成し遂げるのには、それだけのことをするのに相応しい条件が必要です。ちょうど、お釈迦様が法華経をお説きになるのに、40年余りも方便の法を説いてきました。 また、開祖さまも立正佼成会を創立して20年間は方便時代と言われるように、法華経を学ぶ教学などがなかった時代があり、それで人が育ったから20年経って始めて真実顕現で法華経を説かれることができたのです。 そして会長先生は、開祖さまの子であり、開祖さまの時代では果たせなかった願いを二代会長として果たすのが役割と自覚して、決意を持ってご本尊を全会員に勧請するのを発表してのです。 ご本尊を各家庭に勧請するということは、立正佼成会会員はすべの人が久遠実成大恩教主釈迦牟尼世尊を本尊とするわけです。 久遠実成大恩教主釈迦牟尼世尊を仏教徒として本尊として勧請するのがあるべき姿であり、ならびに信仰の目的を改めて確認する意義があります。 信仰の目的は、会員綱領のあるように人格完成=成仏であり、それは本仏=久遠実成大恩教主釈迦牟尼世尊に自分は生かされている、今この場で自分はもう幸せになっているのだと悟ることです。 そして、同時に自分だけが救われるのではなくて、みんなも共に救われるのを願うのが法華経の精神ですから、その万人の救済という仏様の願いをわが願いとしていくのを、ご本尊を拝して、自分に確認するのが大切です。 また、ご法号を勧請するということは、私たち立正佼成会の会員は、開祖さまと脇祖さまを師匠とすることを明確にします。 私たちは、悩み苦しみにを抱えた人に寄り添い、歓びや悲しみを分かち合いながら、多くに人に安心や生きる希望を与えていくという大きな役割を持っていることを認識するのです。...

購読

フィードリーダーを利用して検索結果を購読し、 今後作成されるページでキーワード「ご法号」が指定されているものにアクセスできます。 [フィードとは]

フィードを取得 フィードを取得